スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張ります!

長い間更新していなかったにもかかわらず、毎日何人かの方が見に来てくださり

きっとご心配をおかけしているだろうなぁって思い、今やっと重い腰をあげて

記事にしています。



ハルの突然の病気のこと。

発症から今日までの私たちの日々。

そして今はやっと退院し、少し「笑顔」が戻った生活。


書かなければならないことはたくさんありますが、このままこちらのブログで

続けようか、新たに「回復記」として立ち上げようか迷っています。



ハルの病名。「急性脳症」です。

風邪のような症状から発熱、そして長く続く痙攣。それによって、ハルの脳はダメージを

受けてしまいました。

ICUでの10日間は、思い出すのも辛いくらい可愛そうな姿でした。

たくさんの点滴による投薬。「低体温療法」といって体を34度まで冷やして、

脳を保護する処置。


あいにく、二次搬送された病院での処置がすばやかったため、大事には至らず、

脳のダメージもMRIで見る限りは絶望的という感じではありません。

命を助けてくれたお医者様に感謝してもしきれません。


何らかのウイルスが原因で起きてしまったこの病気。

「なんでハルが…」「なにがいけなかったのだろう?」と自問自答し、

元気だったころの姿を思い出しては涙が止まらない日々。



意識が徐々にもどり、目でものを追うようになって無事ICUを出ました。

その後、小児病棟で一か月入院。

意識が戻ったといっても、これまでの記憶はありません。

そして体は首もすわっていないぐにゃぐにゃな状態から再スタートです。


小児病棟に移り、毎日ちょっとずつ回復も見られ、一つ一つ点滴の管がはずれ、

鼻の栄養チューブもとれ、少しずつ口から色々なものが食べられるようになりました。

そして首もだいぶすわり、あやせばよく笑うようになりました。


そして一昨日退院してきました。


これからはリハビリ病院に行き、体の機能の回復を目指します。


生後3・4か月の状態に戻ってしまい、元のハルに戻るにはおそらく、

中~長期のリハビリが必要でしょうと主治医から言われています。


だけど元に戻らないとは言われていないし、現に今ちょっとずつ回復しているので

希望をもってリハビリや今後の生活を頑張りたいと思います。




ご心配をおかけした皆さま、申し訳ありません。

ありがとうございます。


季節は暖かい春がやってきます。

気持ちを新たに、そして常に前向きに、ハルの回復をサポートしていこうと思います。


今後のブログは余裕ができたらまた考えたいと思います。







名言

地球の名言 -名言集-

FC2カウンター
プロフィール

greenjuice

Author:greenjuice
結婚5年目の2009年8月に不妊治療の末、待ちに待った我が子ハルが誕生♪
2005年2月生まれの愛犬ゆずと一緒にすくすく成長していましが、2012年1月(2歳半)に突然急性脳症を発症しました。

首の座らない赤ちゃんから成長をやり直して、いつかきっと全回復すると信じて家族で頑張っています。

息子のペースで一日一日を大切に過ごしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。